元日本代表監督を務めたアルベルト・ザッケローニ氏が「日本からのオファーに応じたのは金銭的な事情ではなかった。
今でも最高に素晴らしい経験をしたと考えている」などと話した。18日付のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

それによると、現在は地元のアドリア海添いの街、チェゼナーティコでレストランなどを経営している。
「日本のオファーに興味を持った。もちろん、金銭面だけで日本に行ったのではない」と明言した。

現在64歳で「年金生活者だといわれる年齢。
でもまだサッカーへのアイデアや情熱もある。もし魅力的なオファーがあれば、再び現場に戻る」と意欲的だった。

6/18(日) 18:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000098-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170618-00000098-dal-000-view.jpg

コメント一覧
中国時代は黒歴史か
ガンバの次期監督あるで
ブラジルW杯後に日本のサッカーファンにやたら擁護されたけど
その後監督職が無いのがこの人に対するサッカー界の評価だよね
原発事故が起きても日本に居たのは凄い
コンサにおいで
この人も電通アディダス創香川の被害者だよね
アゴピの跡が
この人はほんといい人
気さく
普通に街歩いてるし
結婚する前に知っておくべき10の事実
http://cdqiuk.online/archives/1999.html