青森県つがる市の麦畑で今月13日、雪に覆われた畑で不自然にあいた巨大な穴が見つかった。
大きさは東西に3メートル、南北に2メートル、深さは2メートル以上あるという。
上空からの落下物によってできた可能性が高いとみられている。

今月12日には、青森県などで“火球”が目撃されていた。

畑の所有者・小田桐賢一さん「“隕石”じゃないかなと思っていた」
http://www.news24.jp/images/photo/2017/03/29/20170328-231928-1-0000_l.jpg

以下ソース:日本テレビ 2017年3月29日 00:02
http://www.news24.jp/articles/2017/03/29/07357604.html

コメント一覧
航空機の落下物じゃないのか
隕石かもならなおさらしかるべき機関に連絡を
掘り当てれば小金持ちやな。
でかい穴開くー   麦畑〜♪
落ちたものは見つかってないの?
見つからないなら飛行機から落ちた氷じゃね
以下天狗の仕業禁止
あくしろ

盗まれてからじゃ遅いぞ
テポドンが着弾してたんじゃねーの?
猪。


はい、終了。
掘り当てるってえも、この位の穴じゃ
隕石自体が親指の先程度で見つからんのじゃねえのか?
それともある程度大きさが小さいと、空気抵抗で速度が落ちて
もっと大きな物体の可能性もあるん?