人生を有効的に生きる方法

 時間の有効的な使いかた

失った時間を後悔する人は同じ失敗を繰り返すでしょう。まずは後悔する前に行動に移すのです。

 早起きは三文の得

早朝早起きの練習は時間を大切にすることと同時に、健康改善の役割も果たします。今まで11時から12時に遅く起きてきた方たちは改善するべきです。前日の0時以降には必ず寝ましょう。

 早寝早起きの効果

      1. 心臓の健康

2. ストレス軽減

3. 記憶力の増加

4. 朝食の時間ができる

5. 能率をよくする

6. 新陳代謝を良くする

7. がんになる危険性を減らす

8. エネルギーを上げる

9. 体重維持

10. 美容に良い

11. 朝の時間は効率が良い

早起きこそが時間を有効に使うことの基本です。

是非実践してみてください。

 趣味に没頭する

趣味は人生の生きる糧となります。休日、だらだら過ごすなんてもったいない(だらだら生きることに生きがいを感じる場合を除く)。何でもいいので趣味に没頭しましょう。簡単に出来る趣味でネットサーフィンや画像収集や映画や散歩などがオススメです。オンラインゲームは辞め時がわからなくなるのでお勧めしません。

 コミュニケーションの大切さ

人は心の内を話すことでストレス発散効果があります。親、友達、ネット、カウンセリングなどの信頼できる人に話すことも生きるのには必要です。人は一人では生きてはいけません。

 遠征する

体を動かすことは大切です。外に出ましょう。映画館、山、海なんでもいいですので外に出ましょう。

 終わりに

この方法は人生を豊かにします。あと、宗教なども人によっては心の糧になるかもしれませんが、オススメはしません。