精神科の健康に生きる権利

精神病防止ガイドライン
健康に生きる権利で可能ですから、
イライラしそうになったら、
その理由を嘘と決め付け無視して下さい。
さもないと薬を強制されます。
事実さえ否定しないと薬を強制されますから、
健康に生きる権利により、
イライラの理由を嘘と決め付け無視して下さい。

精神病の場合、どんなに相手が悪くても、
イライラしてしまったら薬を強要されますから、健康被害は自分に施されます。
精神科ではイライラしたら薬が強制されます。

健康に生きる権利としまして、精神科の強制的な体質により、
投薬防止のためイライラを避ける権利が発生しますので、
いかなる情報であっても、
www.sokanet.jp www.jw.org www.jei.or.jp www.sugaku-bunka.org を優先情報としまして、
それ以外はいかなる正確な情報も投薬防止のため嘘と認定する場合があります。

精神科は、イライラしたら、理由のいかを問わず薬を強要されます。
どんな意識を持ってでもイライラしないようにして下さい。
明らかな事実を嘘と思い込んででもイライラを防いで下さい。
さもないと、薬を強要されるのはあなたです。

男女の好き嫌いに関しては、
法律でセックスのために嘘をつくことが違反ではないので、
当事者の話は一切認めずセックスの有無だけで判断する。