特許はいらない
特許いらないさ
特許は技術発展に必要などと言われるが、どうだろう?疑わしい!と無理もない!

ある特許取得企業によると?特許業務が殆どで本業収入より特許収入が殆ど。よう、本業は殆ど働いてない。これでは発達の糞もない。法改正により技術者の製法特許は企業のものになるとされ、これは、技術者からヤル気を奪い取るようなもので問題視されている。
特許取得し他社にイヤがらせ染みた見せびらかしより、企業機密と、製法隠してしまった方が合理的だ。こんYahoo‼︎ゴミ袋には、企業機密だと技術が発達しないだの妄言を吐かしとるが、実は、そんなことはないんじゃないかなと思う。なぜなら企業機密でも技術は発達するからである。企業機密ということは、外部には解らないのが当然だ。外部に解らないということは、他社は、どうにかしてライバルを抜こうとする。新製法で製品が産まれる。だから技術は、どっちみち発達する。そもそも製品は、あったら便利という目的で造られることが殆どだ。しかし、特許マンセーな輩には何言っても無駄である。特許による長年の不労収入に甘んじるから駄企業を神格化するしか能がないからだ。こういった連中輩には説得など極めな無駄話と同等であり、時間と知力の無駄に削ってしまうだけだ。ゴミ袋において特許の質問しても、まず特許マンセーなユーザーが回答す。この輩は具体的な説明や根拠も疑わしい回答ばかりゴリ押しする。これでは話にならないし、駄答だ。特許が技術発展するなどいってるだろうが、それは彼らの頭の中だけの話で、やはりそん中で発展してるんだろう。これを見た特許予定の企業は特許など取らず製法隠し、企業機密としてシャットアウトした方が遥かに優逸、優良企業である。どっちみち特許は維持に金かかるし、効力である20年間は金の無駄遣いである。これなら企業機密に製法隠しの方、よっぽど経費削減できる。特許よりも技術者の買収な引抜流出が問題である!TOYOTAは燃料電池車な特許の無償放出しとる、しかし、無償でもTOYOTAに伺う手間がある。これなら特許を手放したんと対して変わらないため、より特許の不要不急性が高まりそうだ。国家権力に頼らねばならない程、疲弊してるんか?エアギターを売買してるよな、アホらしくて特許取得がバカみたいである。料理に特許がないのは、なぜだろう?ボルガライスが発展したのは、なぜだろう?料理が特許なしに発展できて、それが、機械にできないのは、おかしい。安藤百福は、自ら開発したカップラーメンの製法を公表したが、それから数年経ち、日清は、此の期に及んで安藤の意思に反しサンヨーを提訴している。これは異常事態だ。製法を広めた安藤の意思にじっとんがな。

自社の特許申請しない会社が信濃の地にある。アールエフである。アールエフは自社の開発技術に関して特許は申請せず、「ライバルを作ることが新技術の開発に繋がる」として積極的に公開する方針が同社なポリシーだ。しかも、ワイヤレス口腔内カメラ自体の日本国内での普及率は2割程度だが、その中でのアールエフのシェアは9割近いらしい、どっちみ特許なぞ、セコイ・ライバル封じに過ぎず、他社より良い物を作ろうという意識こそが会社のためであり、市場のためなのだ!だから特許なんかなくても成長の余地は充分あることとなる。特許は、申請受理から20年らしいが、その間にライセンス取引が主力と成りかわり!本業が疎かになりやす!そのため、期限切れより21年目からは、キツイこといぇ、確実に死にます。だからこそ特許なんぞ問題なのだ!アールエフは、偉いと思う。我、特許取らず!



さて、気付いてると思うが、近頃は臭気や音まで特許や商標にしようという企みがあり、商標もまた不要不急な権利でしかない。商標が混じってるが、どーでもいい、この際だから書。商標については、セブンイレブン以外がセブンイレブンを名乗るのを防止?系列店であるようにみえ系列店でない状態を防止?それなら本家セブンイレブンが我が本家とPRすればいいだけの話だ。地名を看板名に入れた商店は、タクサンある。東京ビックサイト、東京ディズニーリゾートなど。ディズニーですら東京を使っている。マクドナルドという人が自身の名なコーヒーショップ開業したらハンバーガー屋なマクドナルドが提訴する程の暴挙だ。こんな醜態晒して、よく大人のウンタラが語れるものだ。単語は公共語だ。それを独占することは異常である。近頃、カラーリング、配色などまで商標にされる始末。デザインの自由度を著しく下げる暴挙である!心狭く堅苦しい世が進行している。悪政が続いてるとな。かなり市場クルッテマス。さて、特許は、性格まで歪めてしまう大変危険なものと取れる。

★パーテナント分値上げす問題

★どんどん新機種作り従来の機種が減っていく。だから!従来愛用者から批判さる。
特許の存在、疑わしい。むしろ特許がない方が安寧になるんじゃないか?最終、特許なんぞ取らんでも企業機密で充分発達すんである!というわけで海賊党。


なぜ特許登録したがる?

理由は、登録しないと真似されるからだ。とされてるが、実際は、登録しないと特許侵害訴訟を起こされる恐れがあるからとさる
機器製造企業は、真似されまいと発明すると特許庁に登録申請するようだが、万が一登録しない場合、一応、製造過程企業機密にする。金は入ってこないが。しかし、ライバルというのは、基本セコいテキトーな機器を買い帰り、分解して構造を見るという。スケベです。分解しおった企業が登録してる企業で似てると 部品製造る企業に提訴したがることがある。
このためだろう、精密企業らは、絶えず侵害回避をする必死に特許庁と行き来す。日本では1件つき20年だが、20年もする必要性とか21年以降は、どうなのか?この技法使えないからという制約でというのは、もはやドMとしか言いようないか。特許は、ドS企業は、ドM


このように特許ビジネスの裏では、泥沼な争いが絶えないのだよ!
この争いは、国が特許庁を廃止に加え特許を廃止せねば終わらない。日本特許庁で登録した特許は、日本でしか通用しないため日本特許庁に登録してもアメリカでは、未登録な場合、アメリカでは、使いたい放題だ。


ちなみ、中華人民共和国では、知財否定でやってきたのに資本経済導入した結果特許戦争が勃発しとる。なお、特許庁と関連すかもが、中華人民共和国には、商標など売られてる!しかも日本にある企業のが!また!韓国では、矢場トンの商標が本家と提携もないのに使われ、韓国では、韓国特許庁が認めてしまってしまってるため本家 矢場トンは、韓国進出が難しくなってる。
このように知財とは、ロクなことがない、常、カミソリを歩くような危険がありまくる